Hon-Cafe
サーチ:
お気に入りの1冊と出会ってみませんか?
毎週発行!HTMLメールマガジン「Hon-Cafe」に申し込む!
メールアドレス
Hon-Cafeトップ
特集ページ
おすすめBOOKナビ
ナビゲーターナビ
カテゴリーナビ
オリジナルメニューナビ
スペシャルゲスト
くちコミCafe
くちコミCafe投稿
新刊プレゼント
Hon-Cafe日記
編集者日記
Cafe-BonBon
Hon-Cafe検索

Amazon.co.jp検索

サーチ:
Hon-Cafeとは?
Cafeのスタッフ
出版社・著者の方へ
お問い合せ
メディア掲載履歴
プレスリリース
 mailto:info@hon-cafe.net
 Copyright (C) 2002-2005 Hon-Cafe.
 All rights reserved.

Hon-Cafe Diary
Hon-Cafeナビゲーター 北村 貴(きたむらたか)

食いしん坊の私が毎日食した美味しいものや、出会った素敵な人、お気に入りのスペース、気に入って購入したモノや日々感じることなどについて、つれづれなるままに・・・。
雑誌のBLOGも始めました

■北村 貴(きたむらたか)のおすすめBOOKはこちら


あけまして、お引越し♪  [2007年01月16日]

ずいぶんと、この日記も間があいてしまいました。

新年、あけましておめでとうございます、本年もどうぞ宜しくお願いいたします♪

さて、私の今年初の大仕事は「お引越しの物件探し」から。

北海道に戻って2年が経ち、

事務所兼自宅をそろそろ解消して普通の生活に戻りた〜い!!

・・・とお引越しをすることを決意。

決めたら、私は早いんだ。
2週間で、帯広市内の物件情報をほぼ手中に収め(笑)
メボシイ不動産屋を廻り、不動産屋の独自物件をアサり・・・。

2月の下旬に出来る、2LDKの新築物件を申し込みました。



*注:写真はイメージです(笑)こんな感じの日々を楽しみたいわ〜、という私の願望です。



◆11畳、6畳、6畳+キッチン3.5畳
◆3F建ての3F、南向きの角部屋
◆RC物件の新築
◆駐車場1台付

・・・という条件で、おいくらと思います?

なんと7万円ですよ。

東京だったら、ワンルームのお値段です。ビックリ♪

これを機会に、心地よいお部屋作りを楽しまなくちゃ♪

まずは、壁紙を好みのモノに変えていただけるかどうか、
不動産屋さんと交渉です。

ワクワクな春はもうすぐそこですね。

[ご感想]

ハリーポッターがやってきた♪  [2006年05月20日]














  













5月17日午前11時頃。
Amazonで予約をしていた、ハリーポッターの最新刊が
我が家にやってきた♪

いやー、本当に便利な世の中で・・・。
買いに行かずとも、お届けくださるとはねぇ〜。

実は仕事が立て込んでいて、まだ数ページしか読んでいないのですが、こんばんは読破したいと思います。

ワクワク、楽しみ♪


[ご感想]

なべchanへ  [2006年02月14日]

すっごい、なんだかビックり♪

母校でのセミナーの話を書いたら、
同窓生からコメントが・・・。

わーーい、わーーーい。

よろしければ、是非ともこちらにダイレクトメール下さい

kitamura_taka@hotmail.com

必ずお返事します♪

追伸:瀬沼先生はとてもお元気でした

[ご感想]

母校でセミナー、結構嬉しいもんだねコリャ♪  [2006年02月10日]

2月7〜9日、久々に東京に行ってきました♪

今回はなんと、母校の就職セミナーの講師としてお招きをいただきました!!

いやーー、最初は学生さん相手に何話そうかなぁ・・・と結構悩んでいたんですが、
結局のところ、私に求められているのはモチベーションUPなんだよなぁ〜と、開き直り(笑)
まったく素のまま、これまでのビジネスキャリアについてお話させていただきました。


学生達のとろ〜んとした目が、
バッチリになっていく様子は面白かったなぁ。

セミナーが終わって北海道に戻ると、学生さんからメールが。

「受講して、気づいたことがある」
「可能性を信じて頑張る」と書かれていました。

ん〜、結構嬉しいもんだなぁ。
私のモチベーションも一気に上がりました。

また、是非とも呼ばれたいものです。



[ご感想]

自民党の責任  [2006年01月29日]

ライブドア関連の私的意見をもう少しだけ続けさせていただきます。

選挙の際、応援を行った自民党に責任があるかどうかという議論は、未解決です。

その責任をどう追及するのだ?と、
今日のサンデープロジェクトで田原総一郎は野党の方々に聞きました。

「選挙責任の在る幹事長の辞任を求める・・」云々という、
まるで誰からも望まれていないような議論だけが空を切り、

結局、自民党議員から「悪しきことは認め、反省するという総裁、幹事長の発言で全ては終わっている」という発言で、
時間オーバー、締めくくられてしまったわけです。

あ〜ぁ、何故、こうも簡単に「フタ」をされてしまうのでしょう。
そして、私たちはそれを「容認」しなければいけないのでしょうか?


今晩のTV番組「スタメン」である人がこう言っていました。

「正直に認めれば許される、という風潮を総裁が作ってしまった」と。
これは東横インの社長の会見を受けてのある識者のコメント。

そうだ、その通り!!とTVを見ながら手を打ってしまった、私です。


みんな、詭弁や答弁回避術にまどわされてはいけない。

総裁である、小泉さんが使っている手段だから、
何かあれば自分達もその戦術を使おうなんて、
そんなことを考えてはいけません。


私たちは、今回の一連の騒動から、もっともっと考え、議論しあう時間を作るべきです。


[ご感想]
次の5件 >>
 ■ 感想フォーム
 ニックネーム
 感想



メルマガ申し込み!
Hon-Cafeのメールマガジンを購読しませんか? Hon-Cafeナビゲーターやスペシャルゲストの
おすすめ本を、毎週ピックアップしてHTML形式でお届けします。プレゼント情報も満載ですよ♪
メールアドレス>>