Hon-Cafe
サーチ:
お気に入りの1冊と出会ってみませんか?
毎週発行!HTMLメールマガジン「Hon-Cafe」に申し込む!
メールアドレス
Hon-Cafeトップ
特集ページ
おすすめBOOKナビ
ナビゲーターナビ
カテゴリーナビ
オリジナルメニューナビ
スペシャルゲスト
くちコミCafe
くちコミCafe投稿
新刊プレゼント
Hon-Cafe日記
編集者日記
Cafe-BonBon
Hon-Cafe検索

Amazon.co.jp検索

サーチ:
Hon-Cafeとは?
Cafeのスタッフ
出版社・著者の方へ
お問い合せ
メディア掲載履歴
プレスリリース
 mailto:info@hon-cafe.net
 Copyright (C) 2002-2005 Hon-Cafe.
 All rights reserved.

Hon-Cafeナビゲーター 北村 貴(きたむらたか) 】のおすすめBOOK


価格:
熱い思いを秘めて〜指輪がもつ歴史と役割

指輪〜古代エジプトから20世紀まで
著者:東京都庭園美術館 / 出版社:淡交社


← Amazon.co.jpのショッピングカートに直接入れられます

宝飾品文化の歴史が浅い日本と比較して、欧米のそれは、実に豊かな表情と歴史的役割を持ち合わせています。

中でも指輪は、時代を超えて永遠に愛されているアイテムのひとつです。

時々によって役割が変わろうとも、指輪という存在自体はいつの時代も特別なものであったようです。


身分を証明する印章としての時代から、
次第に愛の告白や死を悼み悲しむ思いが込められていたメッセージを伝える役割を果たし、
現在のように装飾品として重要なポジションを得る時代に。

過去に担っていた役割はそれぞれに今でも根付いており、
例えば印章リングはカレッジリングなどに、
メッセージリングは婚約指輪・結婚指輪・posyリングなどに姿を変えています。

この本を眺めていると、ブルガリのデザインモチーフなどは、
「印章としての指輪」というイメージを上手にアレンジしているということがよくわかります。


宝石って魅力的だな、指輪の持つ意味って素晴らしいワと思える一冊です。

アイリッシュな本
[ファッション・ビューティ]
2003/04/31

あなたのおすすめの本を「くちコミCafe」で投稿しませんか? メールマガジンの「くちコミBOOK」コーナーで採用させていただいた方には、Amazonギフト券500円分を差し上げます!



Amazon ベストセラーランキング TOP10 (2016年06月09日04時 更新)
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.





メルマガ申し込み!
Hon-Cafeのメールマガジンを購読しませんか? Hon-Cafeナビゲーターやスペシャルゲストの
おすすめ本を、毎週ピックアップしてHTML形式でお届けします。プレゼント情報も満載ですよ♪
メールアドレス>>