Hon-Cafe
サーチ:
お気に入りの1冊と出会ってみませんか?
毎週発行!HTMLメールマガジン「Hon-Cafe」に申し込む!
メールアドレス
Hon-Cafeトップ
特集ページ
おすすめBOOKナビ
ナビゲーターナビ
カテゴリーナビ
オリジナルメニューナビ
スペシャルゲスト
くちコミCafe
くちコミCafe投稿
新刊プレゼント
Hon-Cafe日記
編集者日記
Cafe-BonBon
Hon-Cafe検索

Amazon.co.jp検索

サーチ:
Hon-Cafeとは?
Cafeのスタッフ
出版社・著者の方へ
お問い合せ
メディア掲載履歴
プレスリリース
 mailto:info@hon-cafe.net
 Copyright (C) 2002-2005 Hon-Cafe.
 All rights reserved.

Hon-Cafeナビゲーター きよこ 】のおすすめBOOK


価格:
目に見えないものの確かさ

どれくらいの愛情
著者:白石 一文 / 出版社:文藝春秋


← Amazon.co.jpのショッピングカートに直接入れられます

「20年後の私へ」
「たとえ真実を知っても彼は」
「ダーウィンの法則」
「どれくらいの愛情」

の4篇を収録。いずれも男女の愛情にまつわる話です。

これに「もしも私があなただったら」(別刊行)を加えた5篇の作品を通じて表現したかったことは、

目に見えないものの確かさ

だと著者は言っています。

「自分とは何か?(という問いを発するとき)

目に見えないものを見ることがどうしても必要なのだ。五感によって培ってきた長年の固定観念を打ち崩す。いたるところ目に見えないもので溢れかえり、ごく自然にそうしたものを日々の生活の中に受け入れて生きているのである。」

確かに「感情」は見えないものですが、毎日の生活のなかでそれを感じない日はありません。

とりわけ「愛情」という感情は、人にとってなくてはならないもののはず。その形は様々ですが。そんなことを改めて思いました。

個人的には39歳バツイチ、地元に戻り孤軍奮闘する主人公が、短大時代に書いた20年後の自分宛の手紙を受け取る「20年後の私へ」が一番好きです。元気をもらえました。

(それにしても白石さんの作品は、
「一瞬の光」
をはじめ、美男美女が出てくることが多いなあ。なんでだろ。)
エスプレッソな本
[小説・文学]
2007/10/15

あなたのおすすめの本を「くちコミCafe」で投稿しませんか? メールマガジンの「くちコミBOOK」コーナーで採用させていただいた方には、Amazonギフト券500円分を差し上げます!



Amazon ベストセラーランキング TOP10 (2016年06月09日04時 更新)
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.





メルマガ申し込み!
Hon-Cafeのメールマガジンを購読しませんか? Hon-Cafeナビゲーターやスペシャルゲストの
おすすめ本を、毎週ピックアップしてHTML形式でお届けします。プレゼント情報も満載ですよ♪
メールアドレス>>