Hon-Cafe
サーチ:
お気に入りの1冊と出会ってみませんか?
毎週発行!HTMLメールマガジン「Hon-Cafe」に申し込む!
メールアドレス
Hon-Cafeトップ
特集ページ
おすすめBOOKナビ
ナビゲーターナビ
カテゴリーナビ
オリジナルメニューナビ
スペシャルゲスト
くちコミCafe
くちコミCafe投稿
新刊プレゼント
Hon-Cafe日記
編集者日記
Cafe-BonBon
Hon-Cafe検索

Amazon.co.jp検索

サーチ:
Hon-Cafeとは?
Cafeのスタッフ
出版社・著者の方へ
お問い合せ
メディア掲載履歴
プレスリリース
 mailto:info@hon-cafe.net
 Copyright (C) 2002-2005 Hon-Cafe.
 All rights reserved.

Hon-Cafeナビゲーター
Hon-Cafeナビゲーター かおり

ナビゲーター写真
好きなものについては、とことん追求するはまり症のワタクシ。(嫌いなものは、全然がんばれないのですが…)熱しやすく冷めやすい私ですが、読書だけはいまだ熱が冷めません。。読む本は、主に小説とミステリー。はまれる本に出会えたときが、至福のときです♪
モットーは、いまを楽しく生きること! 没頭できる楽しい瞬間をいつも探してま〜す。



ナビゲーターの本棚:
新着順おすすめBOOK一覧 / 時が経つのを忘れる♪夢中小説 / 寝る間も惜しくなる!引き込まれ系ミステリー?! / ライフエッセンスがギュッとつまった、宝石箱エッセイ / しあわせ気分で読む☆おいしいBOOK / 今すぐ行きたくなる!LOVE☆旅の本 / カオリ的趣味本 / その他 /

 ■新着順おすすめBOOK一覧
こんなレシピがほしかった・・!パーフェクト朝ごはんレシピブック

Breakfast: Williams-Sonoma (洋書)
著者:Brigit L. Binns (著), Chuck Williams (著), Maren Caruso (著) / 出版社:Simon & Schuster


ステキな朝ごはんのレシピ本、見つけちゃいました・・!和書では、純粋に洋食の朝ごはんメニューだけのレシピって見つからなくて、洋書から探してみました。当然のことながら中身は全部英語なのですが、、、この朝ご...  続く>>

いろんな人の幸福な朝ごはんスタイル

朝ごはんの空気を見つけにいく
著者:堀井和子 / 出版社:講談社


「朝ごはん」をテーマにした本を探して行き当たったこちらの本。実は、私がよく友だちに聞くことのひとつに「今までで一番心に残った旅館やホテルの朝ごはんってどこ・・?」というものがあるのですが、、、私と同じ...  続く>>

お金がなくても楽しめる!京都は懐が深い。

京都の値段
著者:柏井 壽 (著), ハリー中西 (写真) / 出版社:プレジデント社


モノへのこだわりとそのステキなセンスのよさを尊敬しているHon-Cafeナビゲーターの松川祥子さんもおすすめされていましたが、、この本はほんとうにすばらしいですっ!なにがってまず切り口がおもしろい。お値段あり...  続く>>

ああ。至福のホテル朝ごはん♪

世界のホテルで朝食を
著者:村瀬 千文 / 出版社:幻冬舎


私に朝ごはんを語らせたら、長いです。(^ ^;一日の食事の中で一番好きなのは、圧倒的に朝ごはん。正直、毎食朝ごはんでもいいくらいです・・。(笑)そんな私が旅行して一番楽しみなのは、もちろん朝ごはん。特に洋...  続く>>

毎日の生活の中でだって、買う楽しみ♪

買物71番勝負
著者:平松洋子 / 出版社:中央公論新社


なんとなくのめり込むような本が気持ち的に重く感じてしまう今日この頃。。そんなときには、肩の力を抜いたエッセイが気分です。そこで購入したのが、このお買い物にまつわるエッセイ本。暮らしのエッセイスト、平松...  続く>>

力強く、熱い社会派小説

クライマーズ・ハイ
著者:横山秀夫 / 出版社:文藝春秋


御巣鷹山日航機墜落事故を中心に、地方新聞社の内幕を描いた本格社会派小説です。群馬の新聞社内での局ごとのしがらみや派閥闘争、日航機墜落をめぐり、人間として命と向き合う様子そして主人公の息子との関係・・。...  続く>>

30代の“ふつう”な恋愛日常

1ポンドの悲しみ
著者:石田 衣良 / 出版社:集英社


30代のなんでもない恋のはじまりやふつうの恋愛の日常模様を描いた10篇の短編集です。あとがきで石田さんはこんなことを書いています。劇的な恋なんてつまらない。普通の女性が、普通の男性に心がかたむく一瞬の動き...  続く>>

数字とことばの美しさをしみじみ感じる

博士の愛した数式
著者:小川洋子 / 出版社:新潮社


ちょっと前に山田詠美さんが、雑誌か何かで「今一番おすすめの本」と紹介したいたのを見て購入しました。とてもステキな小説です。なんと言ってもことばがやさしい。タイトルにあるとおり、博士が愛した数式と同じく...  続く>>

そう、レストランは私たちをしあわせにするのです!

東京ハッピーレストラン
著者:犬養 裕美子 / 出版社:マガジンハウス


信頼が置けるレストランジャーナリストの犬養さんの本。女性向けに作られたこのガイドブックは、犬養式チェックシートなる評価軸に基づいて選定されているレストランがずらりラインナップ。彼女なりの独自の視点は、...  続く>>

「負け犬」って開き直っちゃうのもありかもね・・

負け犬の遠吠え
著者:酒井順子 / 出版社:講談社


この本の中で言うところの「オス勝ち犬」の先輩に勧められて読んでみました。(いま巷では、結構話題になっているみたいですよね・・?!)さて、ここでいう「負け犬」とは、30代以上・未婚・子ナシの女性のこと。大...  続く>>

前の10件へ <<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12   次の10件へ >>



メルマガ申し込み!
Hon-Cafeのメールマガジンを購読しませんか? Hon-Cafeナビゲーターやスペシャルゲストの
おすすめ本を、毎週ピックアップしてHTML形式でお届けします。プレゼント情報も満載ですよ♪
メールアドレス>>