Hon-Cafe
サーチ:
お気に入りの1冊と出会ってみませんか?
毎週発行!HTMLメールマガジン「Hon-Cafe」に申し込む!
メールアドレス
Hon-Cafeトップ
特集ページ
おすすめBOOKナビ
ナビゲーターナビ
カテゴリーナビ
オリジナルメニューナビ
スペシャルゲスト
くちコミCafe
くちコミCafe投稿
新刊プレゼント
Hon-Cafe日記
編集者日記
Cafe-BonBon
Hon-Cafe検索

Amazon.co.jp検索

サーチ:
Hon-Cafeとは?
Cafeのスタッフ
出版社・著者の方へ
お問い合せ
メディア掲載履歴
プレスリリース
 mailto:info@hon-cafe.net
 Copyright (C) 2002-2005 Hon-Cafe.
 All rights reserved.

Hon-Cafeナビゲーター
Hon-Cafeナビゲーター かおり

ナビゲーター写真
好きなものについては、とことん追求するはまり症のワタクシ。(嫌いなものは、全然がんばれないのですが…)熱しやすく冷めやすい私ですが、読書だけはいまだ熱が冷めません。。読む本は、主に小説とミステリー。はまれる本に出会えたときが、至福のときです♪
モットーは、いまを楽しく生きること! 没頭できる楽しい瞬間をいつも探してま〜す。



ナビゲーターの本棚:
新着順おすすめBOOK一覧 / 時が経つのを忘れる♪夢中小説 / 寝る間も惜しくなる!引き込まれ系ミステリー?! / ライフエッセンスがギュッとつまった、宝石箱エッセイ / しあわせ気分で読む☆おいしいBOOK / 今すぐ行きたくなる!LOVE☆旅の本 / カオリ的趣味本 / その他 /

 ■新着順おすすめBOOK一覧
ふるさとがもつ癒し

ハゴロモ
著者:吉本ばなな / 出版社:新潮社


偶然にも、お盆に帰省した実家で読んでいたからか、なんだか実家の風景とこの本に出てくる町の風景とを重ね合わせてしまいました。実は、今回の帰省ではいろんなきっかけがあって、改めて家族や共同体の一員だという...  続く>>

全部作りたくなっちゃう!かんたん、中華の炒め物。

大好きな炒めもの
著者:ウー ウェン / 出版社:高橋書店


今、我が家ではやっているレシピ本がこの本。海鮮炒め、肉炒め、野菜炒め、卵炒めなどのカテゴリーの中に、それぞれ何品かずつの炒め物料理が紹介されています。これが、どれもこれも作ってみるととっても簡単、しか...  続く>>

運命と時に翻弄される「時間を超えた愛」

Y
著者:佐藤正午 / 出版社:ハルキ文庫


過去に移動できる能力があったらどうするか・・。今まで考えてみたこともないけれど、この本を読むと私にとっては「今」を捨ててまで、戻りたい過去・変えてしまいたい過去の事実は何もない気がします。みなさんはあ...  続く>>

彼女たちの闇

グロテスク
著者:桐野夏生 / 出版社:文藝春秋


1997年に起こった東電OL事件をみなさんはご存知ですか・・?私は、事件の名前だけは聞いたことがあったのですが、詳しい内容はまったく知りませんでした。その事件とは、当時東京電力の総合職だった女性が、昼間は会...  続く>>

知性あふれる情熱的大人の恋愛

ラジオ・エチオピア
著者:蓮見圭一 / 出版社:文藝春秋


あの『水曜の朝、午前三時』の著者、蓮見圭一氏の第二作目ということで迷わず購入しました。恐ろしく知識と知性のある女性、はるかと主人公である作家の恋愛が中心のストーリー。彼女は女性として魅力的かつとっても...  続く>>

これぞ村上春樹の名作!

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
著者:村上春樹 / 出版社:新潮文庫


高校時代に友だちが絶賛していて、貸してくれたのですが、、第一章の「ハードボイルド・ワンダーランド」で挫折してしまいました。でも、ちょっと前にタイミング同じくして複数の友だちから「あれはいいよー」とおす...  続く>>

「死」を語り、生きる意味を知る

対話篇
著者:金城 一紀 / 出版社:講談社


個人的にひとりの著者にほれ込むと、性格上できるだけすべての作品を読みあさってしまうのですが、、金城作品もそのひとつ。彼の作品は、ストーリーのおもしろさと読後に与えるインパクト、そして言葉の使い方ひとつ...  続く>>

パリでおいしいものが食べたい!

新・パリでお昼ごはん
著者:稲葉 由紀子 / 出版社:TBSブリタニカ


夏のバカンスで、フランスに遊びに行く予定です。ということで、ガイドブックとともに購入したのがこの本。実はパリに行くのは、2回目なのですが、1回目は学生のときで思いっきり貧乏旅行。観光地はあちこち訪れたけ...  続く>>

みずみずしく切ない恋愛小説。

世界の中心で、愛をさけぶ
著者:片山恭一 / 出版社:小学館


初版は2001年にもかかわらず、なんだか最近よく広告を見るのと本屋で平積みになっているので、気になって購入してみました。ストーリーは、高校生のふたりの恋愛とそして、やがて愛した恋人を喪ってしまうという悲し...  続く>>

背筋がぞくっとする奇談小説

あやし
著者:宮部みゆき / 出版社:角川文庫


『本所深川ふしぎ草紙』や『堪忍箱』と同様、宮部みゆきさんの江戸時代ふしぎ小説の短編集。こちらは、タイトルからも分かるとおり、すこし物悲しく、そしてちょっぴりゾクっと背筋が寒くなるような怖いお話の短編集...  続く>>

前の10件へ <<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12   次の10件へ >>



メルマガ申し込み!
Hon-Cafeのメールマガジンを購読しませんか? Hon-Cafeナビゲーターやスペシャルゲストの
おすすめ本を、毎週ピックアップしてHTML形式でお届けします。プレゼント情報も満載ですよ♪
メールアドレス>>