Hon-Cafe
サーチ:
お気に入りの1冊と出会ってみませんか?
毎週発行!HTMLメールマガジン「Hon-Cafe」に申し込む!
メールアドレス
Hon-Cafeトップ
特集ページ
おすすめBOOKナビ
ナビゲーターナビ
カテゴリーナビ
オリジナルメニューナビ
スペシャルゲスト
くちコミCafe
くちコミCafe投稿
新刊プレゼント
Hon-Cafe日記
編集者日記
Cafe-BonBon
Hon-Cafe検索

Amazon.co.jp検索

サーチ:
Hon-Cafeとは?
Cafeのスタッフ
出版社・著者の方へ
お問い合せ
メディア掲載履歴
プレスリリース
 mailto:info@hon-cafe.net
 Copyright (C) 2002-2005 Hon-Cafe.
 All rights reserved.

Hon-Cafeナビゲーター
Hon-Cafeナビゲーター jungjung(じゅんじゅん)

ナビゲーター写真
あったかいおふとんをかぶってどきどきしながら怖い本を読んだことってありませんか?私は年に何回か、怖い本が読みたい症候群がやってきます。(笑)読み出したらやめられない、そんなホラー&ミステリーの醍醐味が満喫できる本をご紹介します。



ナビゲーターの本棚:
新着順おすすめBOOK一覧 / 「LOVE」な気持ちになる恋愛小説 / 洗練された女性になりたい!ライフスタイル・インテリア / 20代・30代女性向け同年代小説 / 号泣まちがいなし!泣ける本 / 違う土地での発見。旅もの / 怖いけど読みたい!ホラー&ミステリー / お仕事だってがんばるぞ!ビジネス本 / おいしいものだーいすき!グルメ本 / 哲学・人生論・・・歯ごたえのある本 / 大切な人に・・・贈り物にしたい本 / エッセイ・軽めの小説・・・さらさらっと読める本 / これで英語もばっちり?洋書・英語のお勉強本 / その他 /

 ■怖いけど読みたい!ホラー&ミステリー
映画を観てから読むか、読んでから観るか。

ゆれる
著者:西川美和 / 出版社:ポプラ社


田舎町で家業を継ぎ、粛々と生きる兄と都会で成功している弟。とある事故をきっかけに二人の関係が緊張し始める。憎しみあい、否定しあいながらも切っても切れない肉親のつながり・・・。兄と弟の関係から日本の今の...  続く>>

背筋がスゥっと冷たくなる夏向けホラー小説!

治療島
著者:セバスチャン・フィツェック / 出版社:柏書房


今年もいよいよ暑くなってきました・・・夏が来ると無性にホラーやミステリーが読みたくなるのですが、今年の夏第一弾に手にとったホラー小説です。娘が行方不明になって廃人同様の精神科医を訪れる、娘の行方をしっ...  続く>>

白夜行再び!手段を選ばない女はどこへ向かうのか。

幻夜
著者:東野圭吾 / 出版社:集英社


ドラマでも一世を風靡したあの「白夜行」の第二部と言われている作品。主人公の美冬はまさに「白夜行」の雪穂再び!という感じの冷徹さで前進のためには手段を選ばない女性。そして、そんな彼女と阪神大震災の焼け野...  続く>>

時間を忘れてしまうヨーロッパ歴史ミステリー。

ヒストリアン
著者:エリザベス・コストヴァ / 出版社:日本放送出版協会


「ダ・ヴィンチ・コード」がお好きな方、あなたの好きそうなジャンルですよ。16歳の少女がヨーロッパを舞台とした史実の謎探しの中に身を投じ、翻弄されていく物語です。舞台となるヨーロッパの各地の描写も綿密で、...  続く>>

ムッとむせ返るような熱気のあるおどろおどろしさ。

姑獲鳥の夏
著者:京極夏彦 / 出版社:講談社


ムッとむせ返るような熱気のあるおどろおどろしさが伝わってくるミステリー。小説の中の季節が夏というのもあると思いますが、草いきれのにおいやムシムシとした湿気がまるで伝わってきそう。昭和20年代の戦後の妖し...  続く>>

戦後すぐのホリエモン事件を題材にした犯罪小説!

白昼の死角
著者:高木彬光 / 出版社:光文社


戦後すぐに東大生が経営したヤミ金融「光クラブ」が起こした詐欺事件というのがあったそうです。この光クラブ事件、今回のホリエモン事件との類似性が多々、指摘されているそう。経営者が東大生ということ、メディア...  続く>>

救われることがない魂のものがたり。

白夜行
著者:東野圭吾 / 出版社:集英社


一言で言うとかなり陰気な話です。大阪の殺伐とした暗い街で殺人事件が起こり、それを発端としたミステリーなのですが、読んでいても救われるところがなく、ますます憂鬱になってきます。でも、なぜか読むことを止め...  続く>>

大成功した料理研究家が手に入れたものは・・・

聖家族のランチ
著者:林真理子 / 出版社:角川書店


大成功をおさめた料理研究家ユリ子のプライベートをめぐるお話です。お料理好きの専業主婦だったユリ子が家の外で活動するようになり、どんどんメディアに取り上げられ、活躍するようになるにつれバラバラになってい...  続く>>

どきっとさせられる、日常の中の小さな殺意について。

おやすみ、こわい夢を見ないように
著者:角田光代 / 出版社:新潮社


角田光代さんお得意のなにげない日常を追った短編集です。でも内容はかなりホラー。日々の生活の中で普段は隠れているけれども、ふとした拍子に出てくる悪意や殺意について描かれています。それは小学生のころ自分を...  続く>>

リアルすぎて怖い〜!まさに読む「24」

半島を出よ
著者:村上龍 / 出版社:幻冬舎


出版から少し経っていますが、いよいよ手をつけました。北朝鮮の軍が九州に侵入し、福岡を制圧する・・・というテロを扱った小説で、この事件が起きる10年後の日本の姿は悲惨そのもの。消費税は17%になり、失業率は...  続く>>

前の10件へ <<  1 2 3   次の10件へ >>



メルマガ申し込み!
Hon-Cafeのメールマガジンを購読しませんか? Hon-Cafeナビゲーターやスペシャルゲストの
おすすめ本を、毎週ピックアップしてHTML形式でお届けします。プレゼント情報も満載ですよ♪
メールアドレス>>