Hon-Cafe
サーチ:
お気に入りの1冊と出会ってみませんか?
毎週発行!HTMLメールマガジン「Hon-Cafe」に申し込む!
メールアドレス
Hon-Cafeトップ
特集ページ
おすすめBOOKナビ
ナビゲーターナビ
カテゴリーナビ
オリジナルメニューナビ
スペシャルゲスト
くちコミCafe
くちコミCafe投稿
新刊プレゼント
Hon-Cafe日記
編集者日記
Cafe-BonBon
Hon-Cafe検索

Amazon.co.jp検索

サーチ:
Hon-Cafeとは?
Cafeのスタッフ
出版社・著者の方へ
お問い合せ
メディア掲載履歴
プレスリリース
 mailto:info@hon-cafe.net
 Copyright (C) 2002-2005 Hon-Cafe.
 All rights reserved.

Hon-Cafeナビゲーター
Hon-Cafeナビゲーター jungjung(じゅんじゅん)

ナビゲーター写真
関西出身。某女子大卒業後、上京。東京に出てきてはや10年以上。泣きながら某外資系でマーケティングの仕事をしております。ついに三十路突入し、2008年に母になりました★ちなみに、写真は牛丼ではなく讃岐うどんです。



ナビゲーターの本棚:
新着順おすすめBOOK一覧 / 「LOVE」な気持ちになる恋愛小説 / 洗練された女性になりたい!ライフスタイル・インテリア / 20代・30代女性向け同年代小説 / 号泣まちがいなし!泣ける本 / 違う土地での発見。旅もの / 怖いけど読みたい!ホラー&ミステリー / お仕事だってがんばるぞ!ビジネス本 / おいしいものだーいすき!グルメ本 / 哲学・人生論・・・歯ごたえのある本 / 大切な人に・・・贈り物にしたい本 / エッセイ・軽めの小説・・・さらさらっと読める本 / これで英語もばっちり?洋書・英語のお勉強本 / その他 /

 ■新着順おすすめBOOK一覧
らんらんと咲く花のように美しい女3代の物語。


著者:林真理子 / 出版社:中央公論新社


らんらんと咲く花のように美しい女3代の物語。芸者だった祖母と母を軽蔑し、否定していた30代の働く女性・知華子が祖母の死に際して、自分の祖母や母の人生を深く知るお話です。なぜ、祖母は芸者になったのか?なぜ...  続く>>

いつまでもガールでいたい私たちへの応援歌!

ガール
著者:奥田英朗 / 出版社:講談社


まさに30代女子への応援歌的短編集です。4つのお話が収録されていて、主人公は30代の働く女子たち。いつまでも「ガール」でいたい主人公たちなんだけど、周りの環境はどんどんと彼女たちを「ガール」扱いはしてくれ...  続く>>

大成功した料理研究家が手に入れたものは・・・

聖家族のランチ
著者:林真理子 / 出版社:角川書店


大成功をおさめた料理研究家ユリ子のプライベートをめぐるお話です。お料理好きの専業主婦だったユリ子が家の外で活動するようになり、どんどんメディアに取り上げられ、活躍するようになるにつれバラバラになってい...  続く>>

どきっとさせられる、日常の中の小さな殺意について。

おやすみ、こわい夢を見ないように
著者:角田光代 / 出版社:新潮社


角田光代さんお得意のなにげない日常を追った短編集です。でも内容はかなりホラー。日々の生活の中で普段は隠れているけれども、ふとした拍子に出てくる悪意や殺意について描かれています。それは小学生のころ自分を...  続く>>

なんとも切ない理系男の純愛。

容疑者Xの献身
著者:東野圭吾 / 出版社:文藝春秋


祝・直木賞!毎年、直木賞を受賞した作品は読むので、今年も手に取りました。そして、これがなんとも切ない理系男の純愛ものがたりなのです。自分が密かに想いを寄せている女性の犯した罪をかばうために完全犯罪をた...  続く>>

瑞々しい20代の恋愛風景。なつかしい思いに浸れそう・・・。

ナラタージュ
著者:島本理生 / 出版社:角川書店


若さゆえ誰かを傷つけたり、若さゆえ好きでもない人に寄りかかってみたり・・・と10代〜20代ならではの瑞々しい恋愛風景を切り取った日常小説。誰しもが若いときに経験した恋愛の苦さやはがゆさが描かれていて、共感...  続く>>

リアルすぎて怖い〜!まさに読む「24」

半島を出よ
著者:村上龍 / 出版社:幻冬舎


出版から少し経っていますが、いよいよ手をつけました。北朝鮮の軍が九州に侵入し、福岡を制圧する・・・というテロを扱った小説で、この事件が起きる10年後の日本の姿は悲惨そのもの。消費税は17%になり、失業率は...  続く>>

超・直球系泣き小説。今まさに泣きたい方へ。

その日のまえに
著者:重松清 / 出版社:文藝春秋


キャッチコピーにもある通り、超・直球系泣き小説です。布団の中でわあわあ泣きながら読んでしまいました。リリー・フランキーの東京タワーで号泣なさった方、そんなあなたにおすすめです。いろいろな家族の誰かがガ...  続く>>

めくるめく豪快花魁ものがたり。

さくらん
著者:安野モヨコ / 出版社:講談社


最近、安野モヨコまんがづいている私。彼女は女の子の性を描くのがとってもうまいと思うのですが、その筆力がバクハツしているのがこれ。幼いときに捨てられ、吉原遊郭に売られた少女が一級娼婦、花魁にのし上がるま...  続く>>

目からウロコのお子さま適齢期指南書♪

女の産みどき
著者:大内悦子 / 出版社:WAVE出版


とある会合でお知り合いになった2歳の男の子をもつ働くお母さまにすすめられた一冊です。こういう系の本って、「そりゃ、そーできればいいけどさっ」と思ってしまうような理想論を延々述べたエッセイ本とかが多いよ...  続く>>

前の10件へ <<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18   次の10件へ >>



メルマガ申し込み!
Hon-Cafeのメールマガジンを購読しませんか? Hon-Cafeナビゲーターやスペシャルゲストの
おすすめ本を、毎週ピックアップしてHTML形式でお届けします。プレゼント情報も満載ですよ♪
メールアドレス>>