Hon-Cafe
サーチ:
お気に入りの1冊と出会ってみませんか?
毎週発行!HTMLメールマガジン「Hon-Cafe」に申し込む!
メールアドレス
Hon-Cafeトップ
特集ページ
おすすめBOOKナビ
ナビゲーターナビ
カテゴリーナビ
オリジナルメニューナビ
スペシャルゲスト
くちコミCafe
くちコミCafe投稿
新刊プレゼント
Hon-Cafe日記
編集者日記
Cafe-BonBon
Hon-Cafe検索

Amazon.co.jp検索

サーチ:
Hon-Cafeとは?
Cafeのスタッフ
出版社・著者の方へ
お問い合せ
メディア掲載履歴
プレスリリース
 mailto:info@hon-cafe.net
 Copyright (C) 2002-2005 Hon-Cafe.
 All rights reserved.

Hon-Cafeナビゲーター
Hon-Cafeナビゲーター jungjung(じゅんじゅん)

ナビゲーター写真
関西出身。某女子大卒業後、上京。東京に出てきてはや10年以上。泣きながら某外資系でマーケティングの仕事をしております。ついに三十路突入し、2008年に母になりました★ちなみに、写真は牛丼ではなく讃岐うどんです。



ナビゲーターの本棚:
新着順おすすめBOOK一覧 / 「LOVE」な気持ちになる恋愛小説 / 洗練された女性になりたい!ライフスタイル・インテリア / 20代・30代女性向け同年代小説 / 号泣まちがいなし!泣ける本 / 違う土地での発見。旅もの / 怖いけど読みたい!ホラー&ミステリー / お仕事だってがんばるぞ!ビジネス本 / おいしいものだーいすき!グルメ本 / 哲学・人生論・・・歯ごたえのある本 / 大切な人に・・・贈り物にしたい本 / エッセイ・軽めの小説・・・さらさらっと読める本 / これで英語もばっちり?洋書・英語のお勉強本 / その他 /

 ■新着順おすすめBOOK一覧
不幸なサラリーマンのリアルな恋愛小説。

不自由な心
著者:白石一文 / 出版社:角川書店


正直言って、あまりハッピーなお話ではありません。典型的な不倫カップルの典型的な不幸話。男性の視点から書かれたお話たちなので、女性から見ると正直「何言っちゃってんの?」と思う箇所が多々あります。でも、そ...  続く>>

こんな猫ちゃんと暮らしたい!脱力系家政婦猫〜。

きょうの猫村さん
著者:ほしのよりこ / 出版社:マガジンハウス


「猫村ねこ、しっかりお務めさせていただきますっ」とびしっと挨拶する、スーパー家政婦猫、猫村さん。自分を拾ってくれた坊ちゃんが住む外国に行くために、身を粉にして働く猫村さんの姿がとっても献身的。デカもの...  続く>>

女は病である・・・おそろしいキャッチコピーにクギづけ!

女という病
著者:中村うさぎ / 出版社:新潮社


この真っ赤なおどろおどろしい装丁で、まずクギづけ。そして、「女は病である・・・」というおそろしいキャッチコピーでさらにクギづけになってしまいました。中村うさぎ氏が世間を騒がせた13の女性犯人の事件を追い...  続く>>

行ってみたい!ギリシャの秘境。

雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行
著者:村上春樹 / 出版社:新潮文庫


学生時代、ギリシャ・アテネを旅したのですが全く言葉がわからず、もちろん地図もわからず、料理も初めて目にするものばかりで私は海外旅行の中で初めて「ここで死んだらどうしよう、異郷に来てしまった!」と大いに...  続く>>

運命を信じる、信じない・・・自分の運命を考える一冊

私という運命について
著者:白石一文 / 出版社:角川書店


最初は素敵な装丁で手に取ったのですが、かなりヘビーな小説でした。30歳の女性が40歳になるまでの10年間を綴った小説なのですが、テーマはタイトルの通り「運命」阪神大震災のときは余りにもつらいことが多くて、「...  続く>>

クソ度胸をもった政治家のド迫力人生!

異形の将軍―田中角栄の生涯
著者:津本陽 / 出版社:幻冬舎


戦後最高の政治家と言われその反面、批判も多く、死後、いまだに賛否両論を巻き起こす政治家、田中角栄の一生を追ったルポです。いまだに彼を崇拝する政治家、地元民も多い・・・と聞き、そのカリスマ性の理由を知り...  続く>>

31歳の31通りの揺れ動く女ゴコロ。

ファースト・プライオリティー
著者:山本文緒 / 出版社:角川書店


31歳。なんと微妙な年齢なのでしょうか。つい先月に30歳になった私にとっては、あと一年後。31歳になる頃にいったい自分はどんな生活をしているのか、気になるところです。そして、この本は31歳の自分のシュミレーシ...  続く>>

詠美節健在!キャラメルのように甘くて、少し苦い恋の短編集。

風味絶佳
著者:山田詠美 / 出版社:文藝春秋


私は高校生の頃から山田詠美さんの作品が大好きで、新作が出版されるたびに条件反射で購入してしまうのですが、今回の新作「風味絶佳」はその中でもイチオシ!まさに詠美節が満載の、それはそれは甘くて切ない恋のお...  続く>>

日本経済再生の救世主は「萌え」・・・?

萌え萌えジャパン 2兆円市場の萌える構造
著者:堀田純司 / 出版社:講談社


冒頭でお詫びします。すみません・・・。なんだか、Hon-cafeユーザの方にはそぐわない本かなぁと思い。この本は最近よく耳にする「萌え」という言葉を取り巻くマーケット(簡単に言えばおたくマーケット)を数字とと...  続く>>

なんとも悲運な女の一生。でも他人ごととは思えない・・・。

嫌われ松子の一生
著者:山田宗樹 / 出版社:幻冬舎


中谷美紀さん主演での映画化が決定!なんと、中谷美紀さん曰く、「この松子を演じるために女優になったのかもしれない・・・」と言わしめた主人公・松子が気になり、手にとりました。身内からはその存在を抹消され、...  続く>>

前の10件へ <<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18   次の10件へ >>



メルマガ申し込み!
Hon-Cafeのメールマガジンを購読しませんか? Hon-Cafeナビゲーターやスペシャルゲストの
おすすめ本を、毎週ピックアップしてHTML形式でお届けします。プレゼント情報も満載ですよ♪
メールアドレス>>