Hon-Cafe
サーチ:
お気に入りの1冊と出会ってみませんか?
毎週発行!HTMLメールマガジン「Hon-Cafe」に申し込む!
メールアドレス
Hon-Cafeトップ
特集ページ
おすすめBOOKナビ
ナビゲーターナビ
カテゴリーナビ
オリジナルメニューナビ
スペシャルゲスト
くちコミCafe
くちコミCafe投稿
新刊プレゼント
Hon-Cafe日記
編集者日記
Cafe-BonBon
Hon-Cafe検索

Amazon.co.jp検索

サーチ:
Hon-Cafeとは?
Cafeのスタッフ
出版社・著者の方へ
お問い合せ
メディア掲載履歴
プレスリリース
 mailto:info@hon-cafe.net
 Copyright (C) 2002-2005 Hon-Cafe.
 All rights reserved.

Hon-Cafeナビゲーター
Hon-Cafeナビゲーター 菅原由美子

ナビゲーター写真
大阪府豊中市出身、現在赤坂にて勤務中。
映画・音楽・スポーツそして本。自分の心に響くものを探して、はや○○年・・?
自分にとって「大切な1つ」に出会ったときは本当にうれしい。普段からの友人との情報交換はとっても大切。
興味のあることはとりあえずチャレンジ!ということで、フラメンコ習得中。




ナビゲーターの本棚:
新着順おすすめBOOK一覧 / 絶対おすすめ! / おすすめ小説 / おすすめエッセイ他 / 映画化・ドラマ化作品 / おすすめレシピ本 /

 ■新着順おすすめBOOK一覧
「この気持ちわかるな〜」

マドンナ
著者:奥田英朗 / 出版社:講談社


奥田氏の「空中ブランコ」の精神科医伊良部シリーズにハマってしまった私。この短編もとても面白かったです。しかもただ面白いだけでなく、読んでいて「わかる、わかる。その気持ちわかるなー」と思えるのです。奥田...  続く>>

日本伝統芸能と新しい分野との交わり

MANSAI◎解体新書
著者:野村萬斎 / 出版社:朝日新聞出版


狂言師としてはもちろん、子供番組から世田谷パブリックシアター芸術監督まで手がけている野村萬斎さんが、「ことば」「からだ」「伝統」などをテーマに23人の素晴らしい才能の方々と対談しています。昔、私にとっ...  続く>>

まわり道をして見つけた幸せ

時雨みち
著者:藤沢周平 / 出版社:新潮社


この短編集の中の「山桜」は映画化され、現在公開中。きっと山桜の淡い色が美しい、人の心の美しさも伝わる作品になっていると思います。嫁ぎ先になじめずにいた野江は、叔母の墓参りの帰り道に美しい山桜を見つけ、...  続く>>

二度目には全く違う話が見えてくる

イニシエーション・ラブ
著者:乾 くるみ / 出版社:文藝春秋


この作品を読み終えた後、「普通の恋愛話だったんだ?」と言った私に、後輩が一喝!「ちゃんとラスト二行の○○の部分、読みました?」 そして私、「いや、なにそれ?全く気付かなかった・・・。」ビックリして、最...  続く>>

人と人とは、こんなふうに繋がっていくのだと思う

阪急電車
著者:有川 浩 / 出版社:幻冬舎


毎日のように乗っている電車は、人を乗せているだけではなく、人の想いを一緒に乗せて走っているんだなぁ、と思わせるような出会いや別れの話の数々を阪急電車の各駅を舞台に進んでいく。優しさ、温かさ、清らかさ、...  続く>>

精神科医の伊良部シリーズ

空中ブランコ
著者:奥田英朗 / 出版社:文藝春秋


不思議でおかしな精神科医の伊良部が起こす奇跡?再び!今回は、飛べなくなったサーカス団の団員、先端恐怖症のヤクザ、思い通りに投げられなくなったプロ野球選手等が患者として登場する。このやっかいな患者たちを...  続く>>

本当に自分に合った生活を

プロヴァンスの贈りもの
著者:ピーター・メイル / 出版社:河出書房新社


ロンドンで仕事をしていた主人公は、叔父の遺産相続のため、南仏へやってくる。今までとまったく違う生活に戸惑う中、魅力的な女性と出会う。恋とワインなんて最高の組み合わせですよね。この作品は、リドリー・スコ...  続く>>

プチ修行する?

宿坊に泊まる
著者:宿坊研究会 / 出版社:小学館文庫


友人が、お寺に泊まって、写経や座禅や雑巾がけ(一休さん?)をしたいと言い出した!なんとも急な話だが、それも確かにいいかもと思い検索したところ、この本をみつけた。なかなか普通の旅館やホテルでは味わえない...  続く>>

そして幻と現実の間を歩き続ける

幻夜
著者:東野圭吾 / 出版社:集英社


傑作「白夜行」を読んだ人には必ず読んで欲しい作品☆この作品が続編じゃないかと聞いたのが最近で、本を手に取ったときはもう期待は最高潮に高まった。どんな形でつながっていくのか?「白夜行」のあの女性が、今度...  続く>>

この世界は何色に見える

カラフル
著者:森 絵都 / 出版社:文藝春秋


読み始めは、軽い感じの話かと思った。しかし、読み進めていくにつれて、この題名の「カラフル」という意味の深さがしっかりと心に入ってくる。主人公の魂は、生前に犯した罪により、人間として生まれかわることの出...  続く>>

前の10件へ <<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11   次の10件へ >>



メルマガ申し込み!
Hon-Cafeのメールマガジンを購読しませんか? Hon-Cafeナビゲーターやスペシャルゲストの
おすすめ本を、毎週ピックアップしてHTML形式でお届けします。プレゼント情報も満載ですよ♪
メールアドレス>>