Hon-Cafe
サーチ:
お気に入りの1冊と出会ってみませんか?
毎週発行!HTMLメールマガジン「Hon-Cafe」に申し込む!
メールアドレス
Hon-Cafeトップ
特集ページ
おすすめBOOKナビ
ナビゲーターナビ
カテゴリーナビ
オリジナルメニューナビ
スペシャルゲスト
くちコミCafe
くちコミCafe投稿
新刊プレゼント
Hon-Cafe日記
編集者日記
Cafe-BonBon
Hon-Cafe検索

Amazon.co.jp検索

サーチ:
Hon-Cafeとは?
Cafeのスタッフ
出版社・著者の方へ
お問い合せ
メディア掲載履歴
プレスリリース
 mailto:info@hon-cafe.net
 Copyright (C) 2002-2005 Hon-Cafe.
 All rights reserved.

Hon-Cafeスペシャルゲスト Hon-Cafeでは、毎月スペシャルゲストをお呼びしています。
4つのテーマで、毎週1冊づつゲスト愛読の「とびきりの1冊」を教えていただきますので、どうぞお楽しみに・・・!
 ■2004年5月のスペシャルゲスト!
ゲストイメージ
小林のりこさん (エンタテイメント通訳)

今月のスペシャルゲストは、今を時めくエンタティメント通訳として活躍される小林のり子さん! 幼少期を海外で過ごされ、「日本語を忘れないように」とスタートして「本の虫」となったという読書歴と、「英語を忘れないように」と青春時代に明け暮れた映画館通い歴とが、現職への大きな財産に。

ピンク・フロイドをきっかけに、デビッド・ボウイ、フレデリック・フォーサイス、パウロ・コエーリョ、オリバー・ストーン、レオナルド・ディカプリオ、ジョン・ガリアーノなど各界著名人の通訳経験多数。今回、初の著書のテーマとなった「海外旅行」は、大の仲良し、舞台音響技師の「のぶちゃん」こと旦那さまといつも楽しまれているそうです♪


海外旅行 これで話せるのだ 英会話


小林さんにとって、本とはなんですか? 自由な表現でお答えください。

本は映画、絵画、写真などと同じように、限られた人生では実体験出来ない場所と時間へと、私の思いを運んでくれる、素晴らしいツールです。最近は少なくなりましたが、昔はよく本に夢中になり、目的の駅を乗り越したものです。

「Hon-Cafe」読者の方に向けて一言をどうぞ

友人や知人に会うと、「最近、面白い本読んだ?」とよく聞くのですが、このところ、よくぞ聞いてくれたと熱を込めて本を推薦してくれる人が減りました。Hon-Cafeのお客さまにお会いできたら、是非、お聞きしたいですね。「最近読んだ面白い本はなーあに?」
 4週目‥‥旅に出るとき、手に携えて赴く1冊は?
英文学界が誇るブロンテ姉妹の名作(だから、好きなのではありません)

ジェーン・エア
著者:シャーロット・ブロンテ / 出版社:新潮社

「ジェーン・エア」が好きな理由は、一晩語り尽くないほどにあります。それほど気に入っています。旅にも、必ず持って行きます。

 ジェーンはどちらかと言えば、かわゆくない性格で美人でもなく、彼女が愛し続けるロチェスター氏も、一筋縄では行かない傲慢な人物で、美男ではありません。そんな二人が、素直に結ばれるはずもなく、話は営々と続きます。こう書いて行くと読む気になれないと言われそうですが、そこをなんとか我慢して読み続けると、ジェーンの世界に引き込まれること請け合いです。

ブロンテ美術館になっている英国中部にある姉妹の生家(父親の牧師館)を訪れ、彼女たちの書簡、衣服、家具などを見て、そのつましい暮らしぶりを知り、改めてブロンテ姉妹の偉大さに感じ入りました。裏庭の墓場を囲む木々に吹く風の音は、まさにヒューヒューと、物悲しいものでした。
2004/05/25
 3週目‥‥ピリリと効いたスパイスのような1冊は?
人の話を、どうしても素直に聞けないへそ曲がりの方に。

サキ短篇集
著者:サキ / 出版社:新潮社

第一週、第二週と続けて、優良読書の鏡のような本を紹介しました。今週は、マンガのキャラ中で、Tweety(写真に、一緒に登場してもらうことにしました。Tweetyは黄色いひよこではありません。カナリアです)が一番好きな私、という側面を体現している本を紹介します。外見はミスター・ドーナッツの景品に登場するに値して、とてもかわいいのですが、Tweetyの根性はひねくれています。意地悪なのです。

 で、サキの短編はいずれも、最初はよくあるお話なのですが、読後は、心がひんやりします。嫌悪感は残りませんが、意地悪いとしか言いようのない終わり方が多いのです。いつもノホホンと幸せに暮らしている私の、即効カンフル剤です。ただ、もちろん私は、性悪説ではなく、性善説信奉者ですし、自分が意地悪だとは思っていません。ただ、「人の不幸は蜜の味」と言ってはばからないお母ちゃんがおります。
2004/05/18
 2週目‥‥青春時代に夢中になった、今も色あせない1冊は?
「スターウォーズ」に見劣りしないクリーチャーたちが総出演。

ナルニア国ものがたり
著者:C.S.ルイス / 出版社:岩波書店

大学時代、クラブの仲間と夢中になってみんなで回し読みをした時期がありました。「指輪物語」や「ハリー・ポッター」同様に、映画化(ディズニー)が決定され、2006年に公開されると知り、読み返すことにしました。

初恋の人に再会しない方が幸せと言うように、青春時代に夢中になって読んだ本を再読して、心底がっかりすることが時たまありますが、ナルニア国は今も、素晴らしく魅力的な世界でした。あっと言う間に七巻、私は読み返してしまいましたが、初めての方は寝る前などに、ゆっくり、ナルニア国の情景に思いを巡らせながら読むのも一興です。

ファンタジー物としては、「ハリ・ポタ」のプロデューサーが映画化権を買った、今もお話が続いているヴァンパイアになった少年の冒険物語、「ダレン・シャン」(小学館)もお勧めです。去年通訳をさせてもらった作者ダレン・シャンは、ちょっぴり太目の楽しい、優しいアイルランド人男性でした。
2004/05/11
 1週目‥‥「心に響いた一冊」を教えてください!
嫌な世の中から、オサラバしたい? 

ベロニカは死ぬことにした
著者:パウロ・コエーリョ / 出版社:角川書店

ノーベル文学賞に一番近いといわれるブラジル人作家のパウロの名は、世界的ベストセラー「アルケミスト」でご存知の方も多いと思います。これは、オーランド・ブルーム主演で、初監督作品として映画化を進めるハリウッド・スターもいて、あらゆる人々に愛される名著だと思います。

私も大好きですが、今回は敢えて、「ヴェロニカ」を選びました。不思議な味の作品で、あれよあれよと思っているうちに、一気に読み終えていました。彼の作品はいずれも、ストンと私の心に響いてきます。よーく考えると、非常にキリスト教的色彩が強いにも関わらず、押し付けがないところが気に入っています。

パウロは、世界遺産の選定委員でもあります。熊野路を歩いたときに山奥で偶然、まったく言葉の通じない老女の方のもてなしを受け、「至福のときだった」と話してくれました。何度も通訳をさせてもらっていますが、いつも次回作が楽しみです。
2004/05/04
 
機内から始めても間に合う中1英語だけの旅行英会話本。

海外旅行 これで話せるのだ 英会話
著者:小林 のりこ / 出版社:大和出版

映画監督や俳優、ミュージシャン、作家、ファッション・デザイナーなど、これまで私が数多く共に仕事をしたアーチストたちに共通していること。まったくの私見であり、例外のないルールはありませんが、程度の差こそあれ、みなさん自意識過剰で、驚くほど相手をよく観察していて、わがままで傷つき易いと思います。そして、何よりも、コミュニケーションの名手です。

かれらのコミュニケーション上手の鍵は、通訳を生業としている私が言うのも妙ではありますが、言葉だけではありません。そんな、私の信念をベースに、海外旅行に即役に立つ、英会話本を初めて書きました。中学1年生で習う単語だけを使っています。最後に、通訳も活用する英会話上達法が紹介されています。

 大阪に住むまつおかたかこさんのイラストは、とてもかわゆく、のぶちゃん(夫)ともども、大いに気に入っています。私たちの実体験をもとにした、お役立ちコメントも入れました。

 世にある海外旅行用英会話本と、ちょっぴり趣を異にしたいと思ったのですが…。さて、さて。是非、感想をお聞かせください。

スペシャルゲスト バックナンバー
ムギさん(ムギ畑主宰)
〜 2006年02月 〜
中島梨英さん(WEBサイトディレクター)
〜 2005年10月 〜
宰務智子さん(フレンチコロニアルレストラン「Aila」オーナー、レーヴ・ド・ヴィ スタジオ代表)
〜 2005年09月 〜
角田光代さん(作家)
〜 2005年07月 〜
中本千晶さん(出版プロデューサー)
〜 2005年06月 〜
星山玲さん(makalu.inc代表取締役)
〜 2005年05月 〜
高野美穂さん(カラーアナリスト・フリーエディター・フリーアナウンサー)
〜 2005年04月 〜
須子はるかさん(ジャストレード株式会社代表取締役)
〜 2005年02月 〜
河野やえさん(建築プランナー)
〜 2005年01月 〜
佐藤まり江さん(キャスター・ライター)
〜 2004年12月 〜
林るいさん(イラストレーター)
〜 2004年11月 〜
村山らむねさん(「らむね的通販生活」運営・通販評論家)
〜 2004年10月 〜
川口澄子さん(画工)
〜 2004年09月 〜
土屋クミさん(All About Japan 『ForF』プロデューサー)
〜 2004年08月 〜
二松まゆみさん(「夫婦仲相談所」所長)
〜 2004年07月 〜
行武知子さん(日経ホーム出版社 「BRAVA!」(ブラーヴァ)副編集長)
〜 2004年06月 〜
小林のりこさん(エンタテイメント通訳)
〜 2004年05月 〜
込山民子さん(Win-and-Win.net代表)
〜 2004年02月 〜
青木礼子さん(イラストレーター)
〜 2004年01月 〜
花房美香さん(「おとりよせ.net」お取り寄せコーディネイター)
〜 2003年11月 〜
島田 律子さん(タレント・エッセイスト)
〜 2003年10月 〜
本橋真紀子さん(「おかずのうつわ屋・本橋」女将)
〜 2003年09月 〜
橋本真由美さん(株式会社ハーシー 代表取締役)
〜 2003年08月 〜
坂之上洋子さん(デザイナー、「ブルービーグル(BlueBEAGLE)」代表取締役社長)
〜 2003年07月 〜
林淳子さん(聘珍樓オーナー夫人)
〜 2003年06月 〜
KIMIKOさん(ウォーキング&ポスチャスタイリスト)
〜 2003年05月 〜
酒井 冬雪さん(エッセイスト)
〜 2003年04月 〜
横山 雅子さん(マックス・ヴァルト研究所 代表取締役)
〜 2003年03月 〜
清水 美穂子さん(All About Japanパンガイド、「FAVORITE WORKS」主宰)
〜 2003年02月 〜
大塚葉さん(『やりたい仕事で豊かに暮らす法』著者)
〜 2003年01月 〜
サマンサさん、こと川口葉子さん(「東京カフェマニア」主宰)
〜 2002年12月 〜



メルマガ申し込み!
Hon-Cafeのメールマガジンを購読しませんか? Hon-Cafeナビゲーターやスペシャルゲストの
おすすめ本を、毎週ピックアップしてHTML形式でお届けします。プレゼント情報も満載ですよ♪
メールアドレス>>