Hon-Cafe
サーチ:
お気に入りの1冊と出会ってみませんか?
毎週発行!HTMLメールマガジン「Hon-Cafe」に申し込む!
メールアドレス
Hon-Cafeトップ
特集ページ
おすすめBOOKナビ
ナビゲーターナビ
カテゴリーナビ
オリジナルメニューナビ
スペシャルゲスト
くちコミCafe
くちコミCafe投稿
新刊プレゼント
Hon-Cafe日記
編集者日記
Cafe-BonBon
Hon-Cafe検索

Amazon.co.jp検索

サーチ:
Hon-Cafeとは?
Cafeのスタッフ
出版社・著者の方へ
お問い合せ
メディア掲載履歴
プレスリリース
 mailto:info@hon-cafe.net
 Copyright (C) 2002-2005 Hon-Cafe.
 All rights reserved.

Hon-Cafeスペシャルゲスト Hon-Cafeでは、毎月スペシャルゲストをお呼びしています。
4つのテーマで、毎週1冊づつゲスト愛読の「とびきりの1冊」を教えていただきますので、どうぞお楽しみに・・・!
 ■2005年04月のスペシャルゲスト!
ゲストイメージ
高野美穂さん (カラーアナリスト・フリーエディター・フリーアナウンサー)

今月のゲストは、高野美穂さん。

雑誌編集者を経て独立後、ライターとして活動されるうち、表現力を評価されTVラジオ等リポーターとしてのお仕事もなさるように…!その際に衣装選びに悩んだことから、「人の印象と色の関係」について専門に勉強。現在は、「取材力、アナウンス力、カラー知識」の3つを融合し、カラーアナリスト・フリーエディター・フリーアナウンサーとして、雑誌やWEB、TV等で多彩に活動中です!

数ヶ月後には、「美しくなる色知識」を世に広める会社を設立計画中とのこと。「女性として、自分らしさをさらに発揮できるステージ、ライフスタイルを求め、試行錯誤してきた」とおっしゃる高野さん。バリエーション豊かな4冊をご紹介いただきます♪

Style Create


高野さんにとって、本とはなんですか?

「違う世界に連れて行ってくれるもの」ですね。

小説であれば「全く違う世界のお話」か、「シーンをどんどんと移動するもの」が好きです。その情景描写に従って、空想を広げることで、なにかこう新しい気持ちになれるんです。ベッドの上にいながらも大きく気分転換できます。

全く共感できないタイプの人が主人公の話も好きです。
そんな長編などを読むと、全く違う自分を疑似体験できますよね。違う世界に行かれる。
それによって、なんだか気がつくものが多いんです。自己啓発関連の本を読むよりも私にとっては、「マフィアものの小説」を読むほうが得るものが大きかったりします。

「Hon-Cafe」読者の方に向けて一言をどうぞ

「本を読む時間がある生活」
これって極上なlife style だと思います。
 4週目‥‥自分を見つめなおしたい時の一冊、教えてください!
「怒る」メカニズムを知ることで「人」に優しくなれる本。

心時代の夜明け―本当の幸せを求めて
著者:衛藤 信之 / 出版社:PHP研究所

怒りの感情は「期待」のないところには起こらない。
この本にある、この言葉で、私は少し変われた気がします。

例えば、、これは自分で考えた(実体験に基づいた?)例えですが、
恋人の帰りを待ち、丹精こめてお料理を作る。お部屋のお掃除もして、お洗濯もして、、、後は帰って来た彼に、喜んでもらう、褒めてもらうだけ!!
こんな状態、誰しも一度は経験があるはず。

しかし帰ってきた彼は疲れきっていて、特別喜んでくれない。
そこで沸き起こる、不服、不満、、、さらに行くと、怒り。

これも、喜んでもらえるに違いない!褒めてもらえるに違いない!という大きな期待が、あったから、なんと、「怒り」まで起こってしまうわけですね。

でも、、これってよく考えるとものすごーく、すごーく自分勝手。
怒る資格ゼロ。

これはなんだかラブラブな例ですが、こんなことって家族間でも職場でも結構あると思うんです。


と、これは衛藤先生の説くお話のほんの一説。
他にも、目からウロコのお話が凝縮していますよ!
お薦めです。
2005/04/26
 3週目‥‥ポジティブになれる一冊、教えてください!
専門家に理由を聞いて、ほっとできる一冊。

海馬/脳は疲れない
著者:池谷 裕二, 糸井 重里 / 出版社:朝日出版社

最近もの忘れが激しい。など、ちょっと心配になってしまうよくある日常ごとに答えてくれる本。読んでいて元気になったり、励まされたり、安心したりする本です。

例えば、もの忘れのケース。著者いわく、
これは何かの機能が低下しているわけではなく、図書館でいうと、蔵書(知識)が増えていくために探し出すのに時間がかかるのだそう。それだから日々学び知識を増やしている私達が、子供の頃に比べ、「芸能人の名前が出てこない…」とうようなことは自然なのだそうです。

「海馬」、とは脳の一部ですが、これは脳の専門書というわけではありません。糸井さんの巧みなインタビューによりわかりやすーく展開しているのでとても読みやすい一冊です。
2005/04/19
 2週目‥‥寝食忘れてしまった一冊ってありますか?
ハマリやすいかたは「水」を用意してから読み始めてください。

天使の自立
著者:シドニィ シェルダン (著), 天馬 龍行 (訳) / 出版社:アカデミー出版

おなじみ超有名作家のベストセラーですね。しかし『天使の自立』は特別。
本は好きでも、それによって寝食を忘れるということは、それまでありませんでした。
しかし!この本は一度読み出したら本当に止まらなかった。昼間に読みはじめ、上巻を読み終えたのは翌、朝方。最後のコメントにひと通り驚き終わったあと、すごくおなかが空いていて、すごく眠たいことに気がつきました。こんなの初めて。

新人女性検事補がマフィア絡みの裁判をめぐる陰謀に巻き込まれながらも…というスケールの大きい法曹界物語なのですが、寝食を忘れないまでも、時には仕事から頭をすっかり離したい!という方、お薦めです。

特に上巻のラスト……くぅ。
2005/04/12
 1週目‥‥高野さんのおすすめ絵本、教えてください!
愛らしい気持ちを抱えながらリアルにきゅんとできる絵本。

ぼくの小鳥ちゃん
著者:江國香織 / 出版社:新潮文庫

雪の日のある朝、一匹の小鳥ちゃんが「ぼく」の部屋に舞い込みます。
真っ白でちっちゃくて、くちばしと脚が薄いピンク色というとっても可愛らしいいでたち。「わたしはそこらへんの小鳥とは違う!」と言い放ち、食事にはラム酒のかかったアイスクリームを要求する。そして、「ぼく」の彼女に嫉妬心を持つ…

クレヨンタッチのかわいらしい挿絵とともに、ほんわかほんわか読める絵本なのですが、その短いストーリーにリアルな「なにか」が表現されています。

その「なにか」は個人の経験によって違ってくると思うのですが、その甘酸っぱさが大好きだった記憶があります。

心がざらついていると感じたときに是非。
2005/04/05
 
子供向け恋愛応援本を、うんっとかわいく作りましたっ。

ハッピーの魔法111
著者:My Birthdy編集部 編 / 出版社:実業之日本社

私が、ネタ集め、原稿執筆を全面的に担当させて頂いた本です。
小学生の女の子向けなのですが、世界中の言い伝えや、全国の子ども達のあいだで噂になっている事項を集め、「ハッピーになるおまじない」や「ラッキーアイテム」などを紹介しています。おまじない本ではありますが、この本では小学生の女の子の恋愛を応援したつもりでいます。小学生の頃の恋愛経験って、その後に、結構、影響を及ぼすと思うのです。そのとき、1歩を踏み出したか、踏み出せなかったで、その後が変わるというか・・・。なので、1歩踏む出す勇気をこめた1冊です!今話題のスピリチュアルメッセージも入れているのですが、これは大人にも響くと評判です。(笑)

スペシャルゲスト バックナンバー
ムギさん(ムギ畑主宰)
〜 2006年02月 〜
中島梨英さん(WEBサイトディレクター)
〜 2005年10月 〜
宰務智子さん(フレンチコロニアルレストラン「Aila」オーナー、レーヴ・ド・ヴィ スタジオ代表)
〜 2005年09月 〜
角田光代さん(作家)
〜 2005年07月 〜
中本千晶さん(出版プロデューサー)
〜 2005年06月 〜
星山玲さん(makalu.inc代表取締役)
〜 2005年05月 〜
高野美穂さん(カラーアナリスト・フリーエディター・フリーアナウンサー)
〜 2005年04月 〜
須子はるかさん(ジャストレード株式会社代表取締役)
〜 2005年02月 〜
河野やえさん(建築プランナー)
〜 2005年01月 〜
佐藤まり江さん(キャスター・ライター)
〜 2004年12月 〜
林るいさん(イラストレーター)
〜 2004年11月 〜
村山らむねさん(「らむね的通販生活」運営・通販評論家)
〜 2004年10月 〜
川口澄子さん(画工)
〜 2004年09月 〜
土屋クミさん(All About Japan 『ForF』プロデューサー)
〜 2004年08月 〜
二松まゆみさん(「夫婦仲相談所」所長)
〜 2004年07月 〜
行武知子さん(日経ホーム出版社 「BRAVA!」(ブラーヴァ)副編集長)
〜 2004年06月 〜
小林のりこさん(エンタテイメント通訳)
〜 2004年05月 〜
込山民子さん(Win-and-Win.net代表)
〜 2004年02月 〜
青木礼子さん(イラストレーター)
〜 2004年01月 〜
花房美香さん(「おとりよせ.net」お取り寄せコーディネイター)
〜 2003年11月 〜
島田 律子さん(タレント・エッセイスト)
〜 2003年10月 〜
本橋真紀子さん(「おかずのうつわ屋・本橋」女将)
〜 2003年09月 〜
橋本真由美さん(株式会社ハーシー 代表取締役)
〜 2003年08月 〜
坂之上洋子さん(デザイナー、「ブルービーグル(BlueBEAGLE)」代表取締役社長)
〜 2003年07月 〜
林淳子さん(聘珍樓オーナー夫人)
〜 2003年06月 〜
KIMIKOさん(ウォーキング&ポスチャスタイリスト)
〜 2003年05月 〜
酒井 冬雪さん(エッセイスト)
〜 2003年04月 〜
横山 雅子さん(マックス・ヴァルト研究所 代表取締役)
〜 2003年03月 〜
清水 美穂子さん(All About Japanパンガイド、「FAVORITE WORKS」主宰)
〜 2003年02月 〜
大塚葉さん(『やりたい仕事で豊かに暮らす法』著者)
〜 2003年01月 〜
サマンサさん、こと川口葉子さん(「東京カフェマニア」主宰)
〜 2002年12月 〜



メルマガ申し込み!
Hon-Cafeのメールマガジンを購読しませんか? Hon-Cafeナビゲーターやスペシャルゲストの
おすすめ本を、毎週ピックアップしてHTML形式でお届けします。プレゼント情報も満載ですよ♪
メールアドレス>>