Hon-Cafe
サーチ:
お気に入りの1冊と出会ってみませんか?
毎週発行!HTMLメールマガジン「Hon-Cafe」に申し込む!
メールアドレス
Hon-Cafeトップ
特集ページ
おすすめBOOKナビ
ナビゲーターナビ
カテゴリーナビ
オリジナルメニューナビ
スペシャルゲスト
くちコミCafe
くちコミCafe投稿
新刊プレゼント
Hon-Cafe日記
編集者日記
Cafe-BonBon
Hon-Cafe検索

Amazon.co.jp検索

サーチ:
Hon-Cafeとは?
Cafeのスタッフ
出版社・著者の方へ
お問い合せ
メディア掲載履歴
プレスリリース
 mailto:info@hon-cafe.net
 Copyright (C) 2002-2005 Hon-Cafe.
 All rights reserved.

Hon-Cafeスペシャルゲスト Hon-Cafeでは、毎月スペシャルゲストをお呼びしています。
4つのテーマで、毎週1冊づつゲスト愛読の「とびきりの1冊」を教えていただきますので、どうぞお楽しみに・・・!
 ■2005年7月のスペシャルゲスト!
ゲストイメージ
角田光代さん (作家)

今月のスペシャルゲストは、「スペシャルゲスト」コーナー初!縁あって、作家の方にご登場いただけることになりました♪
言わずと知れた直木賞作家、角田光代さんです!

角田さんは、1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部をご卒業なさった後、90年『幸福な遊戯』で海燕新人文学賞、96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞。そして2005年、『対岸の彼女』で第132回直木賞を受賞なさっています。近著は、旅好き角田さんの旅エッセイ、『いつも旅のなか』(アクセス・パブリッシング)。

自らも書き手である角田さんがおすすめしてくださるのは、どんな書籍でしょう…?興味津々!どうぞ、お楽しみに!!

ソニー・マガジンズ「bloombooks」で連載中エッセイ「恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。」


角田さんにとって、本とはなんですか? 自由な表現でお答ください。

いちばん近くにある自由

もしいただければ、「Hon-Cafe」読者の方に向けて一言をどうぞ。

旅先でお会いしましょう。
 4週目‥‥角田さんの四冊目のおすすめは…?
何気ない日常を天衣無縫の文体でうつし出す

富士日記
著者:武田 百合子 / 出版社:中央公論社(中公文庫 上・中・下)

武田百合子が夫、泰淳と訪れる、富士の麓の山荘での日記。武田百合子の目線は、子どもみたいにまっすぐで、不思議な透明感と滑稽さがある。とくになんということもない一日でも、この人が書くと、魅力に満ちた時間になる。その日に買ったものの家計簿的なメモでも、読んでいるとわくわくしてくる。何度読み返しても新鮮な文章です。
2005/07/26
 3週目‥‥角田さんの三冊目のおすすめは…?
ホテルを経営する一家のものがたり

ホテル・ニューハンプシャー
著者:ジョン・アーヴィング / 出版社:新潮社

どこか能天気な父、やさしい母親、制服フェチの長男、負けん気の強い長女、長女に思いを寄せる主人公の次男、背丈の伸びない次女、いたずら好きの三男。この大家族が、大学寮を買い取ってホテル経営をはじめる、という小説です。これでもか!というくらいの不幸が家族を襲うのに、不思議と明るい。読みながら笑い、泣き、共感し、反発し、安堵し、そんなふうにありとあらゆる感情を動かされつつ、読み終えるのが、ただただつらかった。読書がこんなに幸福だなんて!と思える小説です。
2005/07/19
 2週目‥‥角田さんの二冊目のおすすめは…?
ベトナム戦争のルポルタージュ小説

輝ける闇
著者:開高 健 / 出版社:新潮社

特派員としてベトナムに滞在していた著者によるルポルタージュ小説。書くということ、テーマ、対象、文章すべてに誠実な小説です。「においが書きたいのだ」と、開高健はこの小説で書いていますが、たしかにこの小説には、さまざまなにおいがします。路地裏の、兵隊のキャンプの、人間のありとあらゆるにおいが、実に色濃く感じられるのです。はじめて読んだとき、書くことに対する著者のその真摯さに衝撃を覚えました。以来ずっと開高ファンです。
2005/07/12
 1週目‥‥角田さんの一冊目のおすすめは…?
一方通行の淡い恋を描いた小説。

第七官界彷徨
著者:尾崎 翠 / 出版社:創樹社

きょうだい、いとこと共同生活をはじめることになった少女の、恋以前の恋を描いた小説です。恋とも呼べない、けれど人を思う気持ちの原型が描かれている。昔の小説とは思えないほど、いつ読んでみてもみずみずしく、新しい世界観です。ユーモラスでせつなく、どこかなつかしい。そして、とても美しい世界です。私は気分が落ちこんだときなど、よく読み返しています。他の尾崎翠作品もおすすめです。


※(Hon-Cafe編集部注)現在、『第七官界彷徨』(創樹社)は入手困難となっておりますため、「第七官界彷徨」の収録がある『尾崎翠集成』(ちくま文庫)にリンクさせていただいております。
2005/07/05
 
どことなく腰の引けている旅エッセイです

いつも旅のなか
著者:角田光代 / 出版社:アクセス・パブリッシング

旅は好きだけれど、旅にまつわるすべて(飛行機、地図読み、時刻表調べetc.)が苦手なんです。こんなオクビョー者もひとり旅ができるのか!と思いつつ読んでいただけたらと思います。

スペシャルゲスト バックナンバー
ムギさん(ムギ畑主宰)
〜 2006年02月 〜
中島梨英さん(WEBサイトディレクター)
〜 2005年10月 〜
宰務智子さん(フレンチコロニアルレストラン「Aila」オーナー、レーヴ・ド・ヴィ スタジオ代表)
〜 2005年09月 〜
角田光代さん(作家)
〜 2005年07月 〜
中本千晶さん(出版プロデューサー)
〜 2005年06月 〜
星山玲さん(makalu.inc代表取締役)
〜 2005年05月 〜
高野美穂さん(カラーアナリスト・フリーエディター・フリーアナウンサー)
〜 2005年04月 〜
須子はるかさん(ジャストレード株式会社代表取締役)
〜 2005年02月 〜
河野やえさん(建築プランナー)
〜 2005年01月 〜
佐藤まり江さん(キャスター・ライター)
〜 2004年12月 〜
林るいさん(イラストレーター)
〜 2004年11月 〜
村山らむねさん(「らむね的通販生活」運営・通販評論家)
〜 2004年10月 〜
川口澄子さん(画工)
〜 2004年09月 〜
土屋クミさん(All About Japan 『ForF』プロデューサー)
〜 2004年08月 〜
二松まゆみさん(「夫婦仲相談所」所長)
〜 2004年07月 〜
行武知子さん(日経ホーム出版社 「BRAVA!」(ブラーヴァ)副編集長)
〜 2004年06月 〜
小林のりこさん(エンタテイメント通訳)
〜 2004年05月 〜
込山民子さん(Win-and-Win.net代表)
〜 2004年02月 〜
青木礼子さん(イラストレーター)
〜 2004年01月 〜
花房美香さん(「おとりよせ.net」お取り寄せコーディネイター)
〜 2003年11月 〜
島田 律子さん(タレント・エッセイスト)
〜 2003年10月 〜
本橋真紀子さん(「おかずのうつわ屋・本橋」女将)
〜 2003年09月 〜
橋本真由美さん(株式会社ハーシー 代表取締役)
〜 2003年08月 〜
坂之上洋子さん(デザイナー、「ブルービーグル(BlueBEAGLE)」代表取締役社長)
〜 2003年07月 〜
林淳子さん(聘珍樓オーナー夫人)
〜 2003年06月 〜
KIMIKOさん(ウォーキング&ポスチャスタイリスト)
〜 2003年05月 〜
酒井 冬雪さん(エッセイスト)
〜 2003年04月 〜
横山 雅子さん(マックス・ヴァルト研究所 代表取締役)
〜 2003年03月 〜
清水 美穂子さん(All About Japanパンガイド、「FAVORITE WORKS」主宰)
〜 2003年02月 〜
大塚葉さん(『やりたい仕事で豊かに暮らす法』著者)
〜 2003年01月 〜
サマンサさん、こと川口葉子さん(「東京カフェマニア」主宰)
〜 2002年12月 〜



メルマガ申し込み!
Hon-Cafeのメールマガジンを購読しませんか? Hon-Cafeナビゲーターやスペシャルゲストの
おすすめ本を、毎週ピックアップしてHTML形式でお届けします。プレゼント情報も満載ですよ♪
メールアドレス>>